賃貸物件のアパートは畳の和室が多いですよね。

今回ご紹介する事例も木造アパートの和室で元々畳の部屋でした。
さらにバストイレも別ではなく、さらに1階という不人気条件のオンパレードです。

そんな物件でもあきらめないでください。おしゃれで今風な物件に再生することは十分可能です!

古い物件を再生させるポイントはとにかく白に塗装!

まずは元の状態を見てみましょう。
20161111_111203

当社にご相談いただく物件の中ではよくある感じです。
長期間空室になっており、何か手を打たなければと思いつつ放置された部屋です。

今回は当社のデザインパッケージ【Muku/ムク】という部屋全体を真っ白にするデザインにしました。
施工後の写真です。
20170119_103221

だいぶ明るい印象になりました。

次は、反対側のカットになります。こちらは施工前ですね。
もともと古臭いアコーディオンカーテンで仕切られていたのですが・・・
20161111_111219

入居者が自分でカーテンなどで仕切れるようにカーテンレールだけ取付しています。
原状回復などでわざわざアコーディオンの新品を入れる場合がありますが、お金をかけてかっこ悪くしているようなものですね。
20170119_103249

キッチンや玄関廻りも古くて暗い印象でしたが・・・
20161111_110319

白で塗装することでスッキリと明るい印象になりました。
20170119_103459

キッチンもパッケージ料金でここまで再生できます

最後にキッチンも随分古いものが入っていましたが・・・
20161111_110841

いつもの通り、交換はせずにパッケージ料金内にて再生いたしました。
20170119_104121

洋室化するための料金はパッケージには含まれません

今回は和室から洋室にするということで、パッケージ料金以外に洋室化する料金が別でかかっていますが、
それでも本格的なリノベーションをするのに比べればかなりリーズナブルです。

パッケージ料金以外にかかる費用は、畳を処分して床下地を工事する費用、ふすまを木の建具に交換する費用などです。

広さやふすまの枚数によって金額が変わるので、こちらはパッケージ工事と合わせてお見積りさせていただいております。

数年間空室で放置→リノベ後なんと2週間で入居申し込み有り!

ちなみに、こちらの物件もお引渡しをして2週間ほどで入居が無事に決まったとのことです。
やっぱり完成した状態を見て喜んでいただくのはもちろんのことですが、入居が決まったというご報告をいただける時が一番うれしいですね。

もし古い物件で長期間放置しているような部屋があれば、まず一度ご相談ください!