施工ブログ第二弾は「着工」です!
着工・工事中パートは、二部構成でお届けします。

前回の記事、【Part1:現地調査】はこちら

まず今回は、お客様からご注文をいただいてから、仕上げの準備部分・調査からご紹介いたします。

ご注文後、、

まず、お客様から工事をご用命いただいてから工事が着工するまでの手順から。

 

①工事のご契約
契約は、クラウドサインにて締結いたします。
メールで契約書類の署名・捺印が完結しますので、直接お会いすることなく契約を締結することができます。
郵送や、直接お会いすることなく、クラウド上で契約ができるので、スピーディーに準備を進めていけます。

②鍵のお預かり・近隣挨拶・工事申請
工事中は現地にキーボックスを設置させていただき、作業いたします。
隣接するお部屋に工事のご挨拶をし、マンションの場合は工事申請が必要な物件もありますので、資料を作成し提出いたします。

③計測作業・工事準備
職人に提示する指示書の作成や、工事のスケジュールの段取りをします。
着工前に実際に現場に行って、工事指示を壁に書き、注意すべき点を事前に確認します。

④材料・職人手配
最短で着工できる職人を手配し、迅速に作業に臨めるように準備していきます。

⑤スケジュール決定
現場に入る職人が確定し、日程の打ち合わせをします。
着工日が確定次第、オーナー様へご連絡いたします!

⑥着工
ついに作業が開始します!
契約締結からだいたい約一週間~10日程度で着工です。

 

ついに着工!

着工前の準備が完了し、ついに現場での作業が始まります!

こちらの物件の主な作業は、

・パック工事部分
クロス張替え
フロアタイル貼り
木部塗装
電気工事・照明交換
アクセサリー取付
クリーニング

・オプション工事部分
キッチン交換
和室→洋室工事
水栓・換気扇交換
アコーディオンカーテン交換
天井漏水調査

etc…
細かい作業はまだまだたくさんありますが、メインの作業はこんな感じです。

お部屋のデザイニングをしていくために、まず交換するものの撤去・調査から行います。

【 キッチン 】

まず、
キッチン交換の為、こちらの既存のキッチンを撤去します。

撤去後、、
周りの棚も取りはずし、新しいキッチンを取り付ける準備をします。
キッチン本体だけでなく、水栓も換気扇も新しいものに交換します!

【 畳の撤去 】

次は、
洋室化の為、畳を撤去します。もともとの和室はこんな感じ。

畳を撤去すると、木で組まれた床がでてきます。

普段の生活では、なかなか目にかかれない部分ですね。床の下地を作成し、フロアタイルを貼って仕上げていきます。

【 漏水調査 】

最後に、現地調査の時に発見した漏水箇所の調査です!
何が原因で漏水したのか?今も漏水は続いているのか?
心配事が多い中、調査開始です。

もともとの漏水箇所の写真はこちら。キッチンの天井に水の跡が残っています。

天井のジプトーンという材料をはがして、天井裏の排水管を調べます。

ジプトーンをはがしてみたところ、、

排水管が見えました!この排水管は2階部分の排水を通す配管です。
こちらの排水管・天井部分(2階の床下にあたる部分)が濡れていないか確認します。

職人に確認してもらったところ、、

現在は完全に乾いており、漏水の危険性はないだろう、とのこと!一安心です。
オーナー様にもすぐにご報告させていただき、ご安心していただけました。

今後の工事にも影響は出ず、予定通り進めていけそうです。

 

【 着工:まとめ 】

きれいなお部屋を作っていくためには、たくさんの作業が必要です。
職人の確かな腕と知識、わたしたち現場監督の進捗管理など、たくさんのヒトが時間をかけて物件を仕上げていきます。

オーナー様の大切な資産である、アパート・マンションをもっともっと価値のあるお部屋にするために、わたしたちは尽力しております!

 

次回は、お部屋の仕上げの工程である、

  • クロス張替え
  • フロアタイル貼り
  • 木部塗装
  • 電気工事・照明交換
  • クリーニング

の工程をご紹介いたします。お楽しみに!