【事例写真あり】分譲マンションを賃貸に!ポイント紹介

転勤などでこれまで住んでいた分譲マンションから離れる際、売却や賃貸などの方法があります。

今まで住んでいた所有物件を初めて賃貸物件として貸し出すには不安も多いかと思います。

そこで今回は、賃貸で初めて貸し出す際のポイント、特にリフォームに焦点を当ててご紹介します。

初めての賃貸物件

 長年ご自身の住宅用としてお住まいになられていた物件を賃貸物件として貸し出す場合、初めに決めておかなければならないポイントがいくつかあります。

  • 室内の修繕やリフォーム
  • 賃貸管理をお願いする不動産会社を探す
  • 家賃を決める

もちろん、細かなことは他にもたくさんありますが、最重要項目としてまず初めに取り掛かるべきポイントをご説明していきます。

・室内の修繕やリフォーム

長年お住まいになられていたお部屋であれば、賃貸に出す前に修繕やリフォームが必要になってくるかと思います。

大切にお住まいになられていたお部屋でも、知らず知らずのうちに不具合が生まれている場合もありますし、ハウスクリーニングは必須項目です。

築年数もある程度たっているのであれば、全面リフォームをおすすめします。

リフォームしているかどうかで初めての賃貸が成功するかどうか、大きなキーポイントになってきます。

リフォームといっても、実際に自分が住むお部屋をリフォームするのと、賃貸物件用にリフォームするのではかけるべき費用や作業内容が変わってきます。

賃貸物件のリフォームで重要なことは、「適切な費用で選ばれる部屋にすること」

リフォームにいくらかけられるかはこちらのコラムでご紹介しておりますのでぜひご一読ください!

アパートリフォームにいくらかける?予算の決め方

こちらのコラムでは、先に家賃アップ金額を決めてリフォーム金額を算出していますが、初めての賃貸の場合、同じような条件の近隣のお部屋の相場家賃と比べて、いくらくらいアップできそうか?という視点で考えてみてもいいかもしれません。

 

そして、選ばれる部屋にするために必要なことは、ずばり「差別化」です!

築年数や間取りが同じような物件と比べ、「この部屋がいい!」と思わせるような魅力があるようなお部屋にすることが重要です。

その部屋にしかない魅力があれば、それが入居を決めるポイントとなり相場より多少家賃が高くても決まります。

イエスリノベーションでは、物件の空室対策に特化した賃貸物件専門のデザインリノベーションを行っています。

初めて賃貸にだす、もしくは現在空室でお困りの方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

 

・賃貸管理をお願いする不動産会社を探す

 次に、賃貸物件の管理をしている不動産会社を探すことも重要な項目の一つです。

自分で入居者を探す、自分で物件の管理をしていくことも一つの手ですが、なかなかすべてご自身で行っていくのは一苦労です。

入居者との契約書の締結などもあるため、専門家であるプロに任せると安心した賃貸経営を行うことができます。

リフォームをしてキレイになったお部屋に入居者をつけ、その後の管理まで行ってくれる会社があれば大家さんであるオーナー様は日々の管理は不要です。

とはいっても、不動産会社もたくさんある中でどのような会社にお願いするべきか探すのは難しいですよね。

様々な管理プランや、ややこしい契約など初めて賃貸に出される方は不安も多いかと思います。

 

そこで、イエスリノベーションのグループ会社である株式会社パートナーズでは賃貸管理も行っております。

募集条件の査定から、入居者募集、入居中の修繕や退去立ち合いまで、賃貸経営に関する様々な分野でサポートしていきます。

さらに、パートナーズではオーナー様に合った「オーダーメイドプラン」をご提案いたします。

詳しくはこちら 【パートナーズの賃貸管理】

・家賃を決める

管理をお願いする不動産会社が決まったら、その会社と一緒に家賃を決めていきます。

周辺の相場や、同じマンション内で賃貸物件で出ている場合、間取りや賃料を調べ、いくらで貸し出すか決めます。

また、立地や周辺の環境によって、男女比や年代別の人口調査なども行うとさらに効果的です。

賃貸物件に特化したデザインリノベーションを施していれば、築年数や間取りなどが近いライバル物件よりも、高い家賃で入居が決まる可能性もあります。

 

イエスリノベーションでは、デザインリフォーム後家賃が20%以上アップした実績もございます。

リフォームに関しましては、ぜひご相談ください。

【リフォームのお問い合わせ】

デザインリノベーションの事例紹介

実際に、初めて賃貸物件にだされるお部屋をイエスリノベーションでデザインリノベーションしたお部屋をご紹介します。

自宅に併設して2部屋あるのですが、今まではご家族で使用されていたのを賃貸物件に出すことに。

2部屋とも施工させていただきました。リフォーム後、グループ会社「パートナーズ」で賃貸管理を行っています。

 

【キッチン】

デザインは、上の写真がアンティーク調の「TIARA」、下の写真がナチュラルデザインで一番人気の「MG」です。

その他のデザインはこちら【6つのデザインパック】

【洋室】

【トイレ】

 

それぞれアクセントクロスが特徴でワンポイントのあるトイレとなっています。

 


分譲マンションを賃貸に出すためには今回ご紹介した項目だけではなく、契約方法の決定や収支予測など決めなければならないことがたくさんありますが、まずリノベーションや賃貸管理についてご相談いただければと思います。

お問い合わせはこちら

【リフォームのお問い合わせ】

【空室でお困りのオーナー様】空室対策資料プレゼント

平均家賃9%アップ・施工実績1000部屋以上のイエスリノベーションの空室対策ノウハウがつまった資料をプレゼント。

適切な空室対策をしていれば、長期空室・家賃値下げから解放されます。
賃貸物件に専門特化した空室対策リノベーションで満室経営・家賃アップを目指しませんか?