【賃貸物件オーナー向け】リフォーム会社の選び方をご紹介

賃貸マンションやアパートをご所有のオーナー様であれば、リフォーム工事について一度はお考えになられた方が多いと思います。

リフォーム会社も様々な会社がたくさんありすぎて、どんな会社にお願いすればいいのか簡単には決められません。

一口に賃貸物件のリフォーム工事といっても、原状回復工事から水回り交換なども含むフルリフォームまで様々な内容があります。

実は、工事の内容によって、得意としている業者も違うのです。

どのようなリフォームを行うかによっても、どんな業者に依頼をするかは重要なポイントとなります。

そこで、数あるリフォーム会社の中から、ご所有の物件にピッタリ合うリフォーム会社の選び方を紹介します。

リフォームの目的を決める

まず「何のためにリフォームを行うか」がリフォーム会社を決めるうえで重要なポイントとなります。

賃貸用の物件であれば、

  • 入居者が退去したから、次の入居者の募集のために
  • 築年数が古くなって入居がつきにくくなった
  • 外壁を含めた大規模な改修工事をしたい

などの様々な理由があると思います。

築年数も新しく、人気のエリアであれば、大規模なフルリフォーム工事を行うのはもったいないですし、

建物自体も古くなってきて、なかなか入居が決まらなくなったお部屋であれば、思い切って大規模なリフォーム工事を行うのも手です。

「なんのためにリフォーム工事を行うか」という視点で工事内容を決めていくことが最初のポイントです。

そうすれば、今回なぜリフォーム工事をしようと思ったか、リフォームを行う目的を明確にすることで依頼する業者の種類もかなり絞ることができます。

どんな工事を行うにしろ、そもそも物件にいくらお金をかけられるか、というのも難しいポイントです。

リフォーム工事の予算をどうやって決めたらいいの?というお悩みに関してはこちらのコラムで詳しく解説しております。

アパートリフォームにいくらかける?予算の決め方

 

予算がある程度決まっていれば、今回のリフォーム工事でどこまで手を付けるのか、内容も決めやすくなるかと思います。

希望の工事内容やかけられる費用が決まっていれば、数あるリフォーム会社の中からご所有の物件にピッタリ合う会社を絞り込むことができます。

リフォーム会社の比較ポイント

リフォーム会社にも工事の内容によって得意・不得意の分野があります。

例えば、原状回復工事をメインに行っている会社に、浴室交換などの設備交換や間取り変更を含むフルリフォームを依頼したとします。

一概にどの会社もできないとは言えないですが、かなり難しい依頼になります。

 

なぜかというと、原状回復工事とフルリフォーム工事では、作業を行う職人の種類が違うからです。

作業の内容を分解するとわかりやすいですが、

原状回復工事ではクロスの張替えや傷の補修、クリーニングなどがメインの作業となります。

 

一方でフルリフォーム工事では、浴室を交換するだけでも、解体工事・設備工事・材料の手配・大工工事などなど、原状回復工事では行わない作業がプラスされます。

職人の手配や、材料の手配など普段の原状回復工事にはない工程が追加されることで、手配に時間がかかったり費用が高額になったりするのです。

フルリフォームを専門としている業者であれば、職人の手配は問題なく、設備メーカーとの付き合いもありますので、材料も安く手に入りやすいです。

 

得意としている業者に依頼をすることでスムーズに工事を進めていくことができます。

どんな工事を得意としているのか、どんな工事はできないのか、というのを調べることが必要です。

希望しているリフォーム工事の内容を得意としている業者を何社かピックアップして、比較をしていきます。

リフォーム会社の強みを調べる

ある程度リフォーム会社を絞ることができたら、各々の会社の強みを探します。

賃貸物件に特化したリフォーム会社の中でも、

  • デザインに力を入れている
  • 低価格を売りとしている
  • 工事後の空室保証や客付けまでサポートする

など特徴は様々です。

ポイントとしては、HPに掲載されている施工事例や料金体系などを比べることで分かりやすく比較ができます。

施工事例からは、好みのデザインかどうか、施工の実績などを確認することができます。

好みのデザインがあれば、問い合わせの際に伝えておくことで、現地調査を依頼したときにもスムーズに進めることができます。

 

最近の賃貸物件のリフォーム会社では、定額制で工事内容をパッケージ化している会社も増えてきました。

料金体系が分かりやすく、概算で大体のリフォーム金額を自分で計算することもできます。

 

そのほかにも、実績として施工後の空室解消期間や家賃アップの実績なども確認できると、オーナー様にとっては安心ポイントですね。

資料請求などができるようであれば、数社取り寄せて比較することもわかりやすく比べることができ、良い判断材料となります。

それぞれの会社の強みを理解したうえで、どのリフォームがご所有の物件の空室対策に特化しているかご検討ください。

 

数社に絞ることができれば、現地調査・見積を依頼して担当者との相性や、信頼性を確かめるのも重要です。

実際に会ってみて、話を聞いてみる・数社比べてみることで、実際に工事をお願いしたい!と思えるような会社を探しましょう。

まとめ

どんなリフォームをやりたいか・いくらかけられるかを決められれば、かなりリフォーム会社は選びやすくなります。

とりあえずで何社も見積を依頼しても、工事の内容が決まっていなかったり、各社の提案の内容があまりにも違うようであれば、そこから選ぶのも時間がかかり、なかなか工事を依頼することができないというのもよくある話です。

希望のリフォーム内容をよく考えたうえで、ご所有の物件の魅力を最大限に活かしてくれるリフォーム会社をお選びください。

 


イエスリノベーションでは、空室対策に特化したデザインリノベーションを専門としております。

他社との差別化を目指し、既存の設備を生かすことで低価格で、ライバル物件にはないデザインリノベーションで短期空室解消を目指しませんか?