【事例写真あり】事務所から居住用へデザインリノベーション

以前は事務所として使用していただ物件を、居住用へデザインリノベーションした物件をご紹介します。

事務所使用していた物件でも大丈夫?

もともと事務所として使用していた物件でも、キッチンやユニットバスなどの設備がそろっていればほとんどの場合は居住用のお部屋にリノベーションすることが可能です。

もちろん、物件によってできる場合・できない場合があるので、一度現地調査をしてもらうことをおすすめします。

【弊社でも現地調査・お見積りが可能ですので、ぜひお問い合わせください】
お問い合わせ

まずはビフォーからご紹介

▼ 居 室

床はカーペット、照明も蛍光灯が何本も設置されていて、「THE事務所」という空間でした。
ただ、角部屋なので採光が多く明るいお部屋になりそうですね。

反対側のアングルがこちら。
玄関の方に、3点ユニットバスやキッチンがあります。

▼ キ ッ チ ン

3点ユニットバスの横にミニキッチンが設置されていました。
こちらもキッチン自体は古いですが、壊れているわけではなかったので再生利用していきます!

電熱コンロだけは、IHコンロに交換します。

▼ 3 点 ユ ニ ッ ト バ ス

タイル貼りの3点ユニットバスです。
ペーパーホルダーやミラーはパッケージの内容に含まれるため、交換します。
再生利用するものは徹底的にクリーニング!ピカピカにします。

【パッケージ内容について詳しくはこちら】
定額パック料金

もともと事務所として利用されていた物件は、キッチンやユニットバスなどあまり使用されていない場合が多いため再生利用に最適です!

アフターをご覧ください!

▼ 居 室

事務所だったお部屋が、すっかり居住用のお部屋に大変身!
床はパイン材のフロアタイルを貼り、壁や天井もすべて塗装しています。

広いワンルームで、生活の様子がイメージできるお部屋に一変しました。
日当たりがいいのもあって、温かみを感じられます。

▼ キ ッ チ ン

キッチンも新品のようにキレイになりました。
塗装とクリーニングだけでこんなにキレイになります。
古くなったからといって、壊れていないのに交換するのはもったいないですね!

電熱コンロからIHコンロに交換しただけで、あとはピカピカにクリーニング!

▼ 3 点 ユ ニ ッ ト バ ス

クリーニングをして、ペーパーホルダー・ミラーなどのアクセサリーを取り付け。
小さなことかもしれませんが、デザインが統一されたアクセサリーや
横長のミラーは入居者にとってはうれしいポイントです。

とっておきのポイント

最後に、このお部屋のリノベーションのとっておきのポイントをご紹介します。
それが、、「照明」です!

照明もパッケージに含まれる内容ですが、事務所で利用していたお部屋を居住用に変更するには照明はとっても大事なポイントです。

もともとの照明はこちら

事務所ではよくみる蛍光灯のタイプ。ベースライトといいます。
こちらの照明は部屋全体を明るくすることができるので、
事務所にはピッタリですが、居住用にはもっとオシャレな照明を使用したいですよね。

さらに、お部屋を居住用にリノベーションし、
賃貸物件として貸し出すためには、ライバル物件との差別化が必要です。

この照明を工夫すれば、お部屋の差別化がバッチリできるのです。

そして、アフターがこちら!

真ん中にはリモコン付きのシーリングライトを取付け、アクセントクロスを貼った壁側にはスポットライトを4灯。
居室部分が広いのでお部屋のメインの照明は、シーリングライトでしっかり明るさを保ちます。

アクセントクロス面にはスポットライトを配置。
よりお部屋が明るくなるとともに、オシャレ度がぐっとあがります!

ただ事務所から居住用にリノベーションするのではなく、照明プランをしっかり考えることでライバル物件との差別化に成功し、入居者から選ばれるお部屋に大変身します!

まとめ

事務所から居住用へのリノベーション、いかがでしたでしょうか?
せっかく用途変更をしてまでリノベーションをするのであれば、入居がすぐに決まるお部屋にしたいですよね。

事務所から居住用へのリノベーションだけでなく、
平凡にリフォームするのはちょっと、、という空室対策に興味のあるオーナー様はぜひご相談ください。