【事例写真あり】テラスハウスの賃貸リノベーション事例

「テラスハウス」とは、連棟式長屋のことで、戸建の住宅がつながったような建物のことを言います。
ただ戸建とは違い、お隣の住戸とは壁一枚で隔たれており、アパートと戸建のミックスといったような構造になっているのが特徴です。

しっかりとリノベーションすれば、需要も多く相場よりも高い家賃を見込めたり、
ファミリーの入居が多いため長く住んでもらえたり、というメリットもあります。

家賃アップや長期入居のためにも、他の物件にはないような一味違うリノベーションをしている事例をご紹介します。

間取り

元々の間取りは二階建ての3DKでした。
一階が、キッチンと浴室などの水回りと和室一部屋。二階にあがると、洋室と和室が一部屋ずつ。

リノベーション後は、一階はキッチンと和室をつなげて、大きなLDKに。
和室も洋室に変更しました。
二階は一部屋和室を残し、子育て世帯にも優しい間取りに。

リビング

玄関を入ってすぐの一階の和室は、洋室化。
押入れも解体して、広々LDKへと生まれ変わりました。
解体の際に、構造体である筋交いがあらわれましたが、残して塗装することでお部屋のアクセントに。
リフォーム工事は、解体してみないとわからないこともありますが、それをどう活かすかもリフォーム工事の醍醐味ですね。

元和室の床の間部分も、アクセントクロスが印象的なカウンターへ。
コンセントもあるため、テーブルランプなどを置くこともできます。
飾り棚として使用できることで、入居希望者が内見に来た際に、この部屋に暮らすイメージがつきやすくなります。

キッチン

キッチンや水回りは再生利用でコストダウン。
キッチンは、扉やタイルなどの塗装できるところをすべて塗装し、ステンレスは磨きをかけることでピカピカに。
取っ手も交換することで、おしゃれな印象になります。なるべく費用をかけずに、がらっとイメージを変えることができます。

階段

壁全面に貼られた木製のパネルが古い印象を与えています。
その木製のパネルも溝を残して真っ白く塗装をしてしまうことで、明るい印象になるとともに、表情の残る壁になりました。
照明もペンダントライトに交換することで、一気におしゃれな印象に。
元々の造りをうまく残しつつ、交換できるものは交換することで、他の物件にはないこの物件だけの良さを出すことができます。

洋室

2階の洋室は、1㎡/2.5万円のパッケージ工事と、押入れのクローゼット化のみ。
パッケージ工事に、壁・天井の塗装、床のフロアタイル貼り、照明交換などが含まれているため、パッケージ工事だけでかなりの印象を変えることができます。
明るく、清潔なお部屋へと変身しました。

【パッケージ工事につきましては、詳しくはこちらをご確認ください】
定額パック料金
 

和室

和室も、他の部屋と同じように、壁や天井は真っ白に塗装。
畳は表替えをし、襖も無地のクロスを貼ることで、統一感を与えます。
和室を残すプランであっても、ただ同じように和室感を残したままにするのではなく、モダン和室へとデザイニングします。

費用

こちらのテラスハウスは、一階・二階あわせて60㎡の物件。
1㎡/2.5万円のパッケージ工事で、基本の費用は60㎡×2.5万円=150万円です。

今回の物件はご要望により別途LDK化工事や、和室→洋室化などのオプション工事の費用がかかっていますが、それでも本格的なフルスケルトンのリノベーションの場合は600万円以上(1㎡/10万円〜が相場)かかることを考えると、1/3程度に費用を圧縮できています。

オプション工事は物件によって必要な内容が変わるため、ご希望の場合、現地調査の上、お見積りいたします。

【お問い合わせはこちら 現地調査・お見積りは無料です】
お問い合わせ

設備にお金をかけて予想よりも費用がかかってしまって、内装にお金がかけられない…
内装が平凡になってしまって、差別化ができずなかなか借り手がつかない…

なんていうことはよくあるリフォーム失敗例ですが、

使える設備はなるべく再生利用をし、内装をガラッとイメージを変えることで、
低予算で差別化のできるリノベーションに挑戦してみませんか?